高千穂牛ダブルコンソメスープ(2人前)

大森雄哉

一切添加物を使わない高千穂牛のみを使用し、具に高千穂牛のテールを合わせました。

ダブルコンソメスープとは、先に取ったブイヨンにブイヨンの材料を加えて作る、手間ひまのかかったコンソメスープです。

高千穂牛本来の味わいと風味をお楽しみいただける逸品に仕上がっております。

 

冷たいまま野菜(トマトやキュウリ)にかけてお召し上がりいただいたり、コンソメスープをベースに少し醤油を垂らし、にゅう麺などでお召し上がりいただくのもおすすめです。

 

・セット内容
1人前コンソメスープ200g × 2パック テール × 2パック

 

高千穂コンソメのお召し上がり方
たっぷりのお湯で、コンソメスープと高千穂牛を一緒に、15分程度温めお召し上がりください。

 

※希少部位のため、部位によって見た目が異なることがございます。



※10月8日から順次発送いたします。


*発送日の異なる商品を同時にご注文の場合*

「通常商品」と、「発送予定日が記載してある商品」を、同じカートでご注文いただいた場合、”一番遅い納期の商品に合わせてまとめて発送” をさせていただいております。

お急ぎの場合は、別々に分けてご注文くださいませ。


  


■大森雄哉シェフ

1983年 熊本県出身。
2004年 辻調理技術専門学校卒業。同年、㈱ハウステンボスホテルズ入社。アランシャペル氏の弟子の上柿元勝氏に師事。自然の恵みに感謝しつつ、お客様への感謝の気持ちを忘れずおごる事なく料理を創る。新鮮な素材をふんだんに使い心を込めた料理を創る。一流の料理人である前に、一流の人間であれと教わる。
2008年 大阪フランス料理エプバンタイユ入社。同年、熊本・洋食店 橋本入社。店主の哲学を学ぶ。食材に対してのアプローチ、火入れや塩加減は当然だが、それをお客様に対し向けるということ。お客様の年齢や、体調も含めベストの状態での料理をお出しする事。
2010年 渡仏RESTAURANT TOYOで中山豊光氏に師事。その後帰国。
2015年 TOYOプロジェクト参画。
2017年3月 再渡仏 RESTAURANT TOYOにて中山豊光氏に師事。

2018年3月 RESTAURANT TOYO(東京ミッドタウン日比谷)シェフに就任。


Collections: Main Dish, MENU LIST

Category: main dish

Type: スープ